在宅勤務 電気代 負担

在宅勤務で電気代が負担になってきた。

 

 

在宅勤務 電気代 負担

 

 

在宅勤務手当もでないし、できる限り電気代を安くしたいと思いますよね。

 

 

実は、東急でんきなら、電気代がかなり安く抑えることができるんです!

 

在宅勤務 電気代 負担

 

 

 

 

 

 

 

なぜかというと、東急でんきは、

 

関東エリアの女性が選ぶ 新電力 価格満足度 2021でNo.1

 

を獲っている価格面で一番評価が高い電力会社だからなんです。

 

在宅勤務 電気代 負担

 

 

東急でんきと関東主力電力会社の東京電力と比較してみますと、東急でんきのほうが安くすむことがおわかりいただけるかと思います。

 

東急でんき VS 東京電力 比較表(月額)

現在のでんき料金
20,000円 16,000円 12,000円 9,000円 6,000円 3,000円

 

契約電流

60A 792円安い 579円安い 366円安い 208円安い 187円安い 172円安い
50A 751円安い 538円安い 362円安い 167円安い 133円安い 119円安い
40A 710円安い 500円安い 287円安い 128円安い 79円安い 65円安い
30A 483円安い 352円安い 221円安い 122円安い 81円安い 67円安い

※2021年1月時点の東京電力エナジーパートナーとの従量電灯Bでんき料金との比較。
※各種割引、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含みません。端数処理の関係ででんき料金およびおトク額が必ずしも一致しない場合があります

 

 

しかも、今キャンペーン実施中なので、初回の利用料から最高3,000円割引いてくれるんです。

 

電気のみの申込みであれば2,000円

 

電気に加えてガスも申し込めば3,000円の割引が適用されますので、ガスも検討してみる価値もありますね。

 

こちらも同じ会社でガスを利用すると、関東主力ガス会社の東京ガス比較してもと多少お得になっています。

 

東急でんきのガス VS 東急ガス 比較表(月額)

 

現在のガス料金 20,000円 15,000円 10,000円 5,000円 3,000円
東京ガス一般料金からのお得額 370円安い 280円安い 192円安い 102円安い 73円安い

※2021年1月時点の東京電力エナジーパートナーの従量電灯Cでんき料金との比較。
※各種割引、燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は含みません。端数処理の関係ででんき料金およびおトク額が必ずしも一致しない場合があります。

 

サポート対応もとても丁寧だと口コミでも人気なので、あなたも今すぐ申し込んで、電気を使うシーズンに、よりお得になるように準備を整えてくださいね。